第4号 何度(期)でも、プログラミング実践勉強会に参加可能になりました。

----------
無料!プログラミング実践勉強会

http://pg.pgtop.net/

2012/01/19 第4号 (不定期発行)
----------

メルマガ発行人の mslab です。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

今回の主な内容です。

・テーマを細かく分ける
・何度(期)でも勉強会に参加可能に
・3期目以降を募集継続


■テーマを細かく分ける

プログラミングで、どんなものを作りたいか、募集しましたが、

テーマがピッタリ一致する人が、なかなかいないため、

共通する部分を切り出して、小さなテーマにすることにしました。

例えば、投資関連のプログラミングだと、

・Webからの情報収集
・投資手法の検証
・自動売買

などの段階があります。

投資関連のプログラミングという大きなテーマだと、なかなか一致する人が、
集まりません。

でも、Webからの情報収集に絞れば、共通する部分が出てきます。

情報収集という点では、スパイダリングとも目的が近いからです。

また、ネットショップやコミュニティーサイトの場合も同様で、

PHPなどのサーバーサイドのプログラミング言語や、データベースの知識が必要
と言う面では、共通する部分があります。

そこで、テーマをもっと細かく分け、
共通する部分を、勉強会の期ごとのテーマにしたいと思います。

私のほうで、テーマの共通部分を見つけ、
その中でも、プログラミングの経験が近いと思った人に、参加を呼びかけます。

あまりにも経験が違うと、プログラミングの勉強会が、
簡単すぎてつまらなかったり、逆に難しすぎることが考えられるからです。

このようにテーマを絞ることで、希望者が集まりやすく、勉強会がスタート
しやすくなります。


■何度(期)でも勉強会に参加可能に

テーマを細かく分けることで、参加のハードルは下がります。

逆に、本当にやりたい目的を達成するには、1度だけの期では足りないことが
出てきます。

そこで1人につき、何期でも参加できるようにします。

既に1期と2期の両方に参加している人もいます。


■応募があるテーマ

現在、応募があるテーマは、以下のようになっています。

・タロットカードのようなAndroidアプリ 1名
・事務的ソフトからエンコードソフトまで幅広く 1名
・Web上で管理できる家計簿 1名
・クックパッドのようなコミュニティサイト 1名
・投資手法の検証プログラム 1名
・商品レビューサイトのようなCGM、コミュニティ機能のあるポータルサイト 2名
・日記のアプリ Evernoteと連動 1名
・商品のレコメンド・マッチングサイト 1名
・備忘録的なリマンダー 1名
・iPhoneやAndroidアプリ 1名

Androidも2名と考えていいですね。

上記のテーマに近い方、またはまったく異なるテーマでもかまいませんので、
ご応募をお待ちしています。


■プログラミング実践勉強会への応募方法

以下の記事をごらんください。
http://pg.pgtop.net/category/12469580-1.html


■専用メルマガのバックナンバーを設置

途中からメルマガにご参加の方でも、これまでの内容を把握できるように、
バックナンバーを設置しました。

http://pg.pgtop.net/

ただし、メルマガのほうが、情報がはやいです。

バックナンバーは、掲載するまでに時間がかかることがあります。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今後も勉強会の進捗状況を、この専用メルマガで伝えていきます。

では、また次回にお会いしましょう。



----------
無料!プログラミング実践勉強会
発行者 : mslab
メール : mail-m@bzen.net

プログラミング初心者入門講座
http://pgtop.net

無料!プログラミング実践勉強会 バックナンバー
http://pg.pgtop.net/

メルマガの参加、退会はこちら
http://pgtop.up.seesaa.net/web/pg.html

----------
Copyright(C) 2010-2012 mslab All rights reserved.

スポンサードリンク

スポンサードリンク






無料!プログラミング実践勉強会 TOPへ