第6号 第1期&第2期プログラミング実践勉強会の進捗状況について。

----------
無料!プログラミング実践勉強会

http://pg.pgtop.net/

2012/03/17 第6号 (不定期発行)
----------

メルマガ発行人の mslab です。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

今回の主な内容です。

・お知らせ
・第1期&第2期プログラミング実践勉強会の進捗状況
・応募があるテーマと、既に実施中のテーマについて
・3期目以降を募集継続


■お知らせ

第1期、第2期共に、一般の方でも学べるように、内容をブログで公開します。
(加筆したり、修正したもの)

只今準備中ですので、もうしばらくお待ちください。


■第1期&第2期プログラミング実践勉強会の進捗状況

(1)第1期生

第1期のテーマは、「アフィリエイト関連のプログラム」です。

現在は以下の例のように、


http://mo2.toypark.in/sample005/

楽天ウェブサービス(webservice)のWebAPIから、
商品情報を取得して、表示するところまでできました。

また、CSSをカスタマイズして、簡単なデザイン変更なら、
できるようになりました。

JavaScript、Ajaxのプログラムの解説まで済んでいて、
大まかな意味は、把握できていると思います。

現在は、このサンプルプログラムを基に、カスタマイズを始めた段階です。

受講生は、WebAPIやXML、中継プログラムについても、だいぶ理解ができて
きたと思います。

やっとカスタマイズしていく段階に入ったので、これからが楽しくなるハズ。

ちなみに sample005 のプログラムは、
以下の無料講座で、最終的に完成するものと同じです。

楽天ウェブサービス初心者入門講座
http://rakuten.pgtop.net/


(2)第2期生

第2期のテーマは、「Webサイトからの情報収集」です。
(スパイダリングやスクレーピング)

Webサイトから、為替レート等のデータを取得できるようにしました。

ExcelのVBAを使い、Webサイトにアクセスし、必要な情報を取得、
ワークシート上のセルに保存する仕組みです。

コマンドボタンを設置したり、

セルに必要な情報を保存しておいて、プログラムから参照できるようにもしま
した。

現在では、

・時間間隔を指定して、自動的にデータを取得
・データを蓄積
・データを加工
・自動的にHTMLを作成
・自動的にレンタルサーバーにアップロード
・これらを一括処理

などができるようになりました。

アイデア次第では、意外と応用範囲の広いプログラムです。

しかし残念ながら、第2期は受講生の参加状況がいまいちだったため、
ここまでの段階で、終了することにしました。

これからが応用していくところだったのに・・・残念!

この経験は、第3期以降に活かしたいと思います。


■応募があるテーマと、既に実施中のテーマについて

以下の記事にまとめてあります。
http://pg.pgtop.net/category/12743812-1.html


■3期目以降を募集継続

上記のテーマに近い方、またはまったく異なるテーマでもかまいませんので、
ご応募をお待ちしています。


■プログラミング実践勉強会への応募方法

以下の記事をご覧ください。
http://pg.pgtop.net/category/12469580-1.html


■専用メルマガのバックナンバーを設置

途中からメルマガにご参加の方でも、これまでの内容を把握できるように、
バックナンバーを設置しました。

http://pg.pgtop.net/

ただし、メルマガのほうが、情報がはやいです。

バックナンバーは、掲載するまでに時間がかかることがあります。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今後も勉強会の進捗状況を、この専用メルマガで伝えていきます。

では、また次回にお会いしましょう。



----------
無料!プログラミング実践勉強会
発行者 : mslab
メール : mail-m@bzen.net

プログラミング初心者入門講座
http://pgtop.net

無料!プログラミング実践勉強会 バックナンバー
http://pg.pgtop.net/

メルマガの参加、退会はこちら
http://pgtop.up.seesaa.net/web/pg.html

----------
Copyright(C) 2010-2012 mslab All rights reserved.

スポンサードリンク

スポンサードリンク






無料!プログラミング実践勉強会 TOPへ