第7号 第3期生募集 テーマは業務系システム開発です。

----------
無料!プログラミング実践勉強会

http://pg.pgtop.net/

2012/03/20 第7号 (不定期発行)
----------

メルマガ発行人の mslab です。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

今回の主な内容です。

・第3期生募集 テーマは業務系システム開発
・どんなもので作るか?
・第3期生への応募方法


■第3期生募集 テーマは業務系システム開発

普通は皆さんから、プログラミング勉強会のテーマを募集していますが、
第3期のテーマは、私から提案します。

それは「業務系システム開発」です。

と言っても、堅苦しく考えなくて大丈夫です。

いつも行なっている、会社の事務仕事、定型的な処理などを、
「プログラミングで自動化しましょう」という感じの勉強会です。

最初の基本的な知識については、私がリードして勉強会を進めます。

途中からは、受講生が作りたい実際の業務系システムを、
みんなで考えて作って行きます。

互いにアイデアを出し合い、教えあって、
「プログラミングの最初の壁を乗り越えていこう」という場にしたいと考えて
います。

当プログラミング勉強会へのご参加は、もちろん無料です。


■どんなもので作るか?

業務系システム開発には、データベースとプログラミング言語を使うのが
一般的です。

でもプログラミング初心者が、いきなり本格的なシステムを作るのは、無理が
あります。

また、最初はシステム開発にコストをかけられないですよね?

できれば、無償で利用可能なアプリケーションで、開発するのが理想的です。

そこで、OpenOffice.org の Base というデータベースソフトを使います。

OpenOffice.orgは、誰でも無償で利用できるオフィスソフトです。

Base は、データベースソフトという位置付けです。

Microsoft Access に近いソフトウェアと言うと、イメージしやすいでしょうか。

最近は OpenOffice.org Base に関するマニュアルや情報も増えてきたため、

「そろそろ本格的に仕事に活用できるのでは?」

と考えたのが、第3期のテーマになったキッカケです。

Microsoft Access に慣れた人だと、Base はちょっと使いにくい感じがするかも
しれません。

でもデータベースソフトとして、十分な機能を持っています。

OpenOffice.orgは、数種類のプログラミング言語を利用できるし、

既に標準で開発環境が使えるようになっています。

もちろんフォームやレポートも作れるし、必要なら機能を拡張することができ
ます。


■プログラミング実践勉強会への応募方法

第3期プログラミング勉強会への参加については、以下の記事をご覧ください。
http://pg.pgtop.net/category/12469580-1.html

参加条件をよくお読みの上、参加方法にしたがってお申し込みください。

これまでの反省点を踏まえ、参加条件が少し変更になっています。
よくお読みください。


■専用メルマガのバックナンバーを設置

途中からメルマガにご参加の方でも、これまでの内容を把握できるように、
バックナンバーを設置しました。

http://pg.pgtop.net/

ただし、メルマガのほうが、情報がはやいです。

バックナンバーは、掲載するまでに時間がかかることがあります。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今後も勉強会の進捗状況を、この専用メルマガで伝えていきます。

では、また次回にお会いしましょう。



----------
無料!プログラミング実践勉強会
発行者 : mslab
メール : mail-m@bzen.net

プログラミング初心者入門講座
http://pgtop.net

無料!プログラミング実践勉強会 バックナンバー
http://pg.pgtop.net/

メルマガの参加、退会はこちら
http://pgtop.up.seesaa.net/web/pg.html

----------
Copyright(C) 2010-2012 mslab All rights reserved.


スポンサードリンク

スポンサードリンク






無料!プログラミング実践勉強会 TOPへ